在宅ワークのメリット、デメリット

在宅ワークでのメリハリの付け方

在宅ワークをするうえで仕事場が家なのでなかなかプライベートと仕事の時間のメリハリをつけることが難しいという人も多いのではないでしょうか。主婦で在宅ワークをしている人は特に、仕事と家事、そして子育てのメリハリをつけるのは本当に大変だと思います。
実際私も在宅ワークをしながら家事と子育てを両立しているわけですが、メリハリをつけるのは本当に大変で在宅ワークを始めて1年半以上たった今でもメリハリをつけることができなかった日は疲れがすごかったり、悩んだりしているくらいです。
在宅ワークをする上でメリハリをつけろとよく言いますが、どうやってメリハリをつければいいのでしょうか。在宅ワークで私はどうやってメリハリをつけているのか紹介したいと思います。私はまず一週間に仕事をする曜日を決めています。基本的には平日だけにしたいのですが最近は土曜日も仕事をすることも多くなっていますが、まずは作業をする曜日を決めることが大事ですね。休日と仕事をする人のメリハリがこれで付きます。
そして一日の中で仕事をいつの時間にやるのかということを決めます。決めた時間以外はよほどのことがない限り在宅ワークをすることはないようにします。これが仕事と家事や子育てとのメリハリにつながります。朝子供たちが出て行ってからすぐに在宅ワークをスタートさせて会社に行っているつもりで集中して部屋にこもってやります。その間は電話もインターホンが鳴ったとしてもほとんど出ないようにして、仕事に来ているんだと言い聞かせてメリハリを自分の中でつけるようにしています。
そして仕事と遊びとのメリハリをつけるために、平日に一日休みを作ったとしたら前後の日には休んだ分の仕事もするようにして量は減らしません。これがきちんと私の中ではメリハリをつけているというスイッチになっているんです。平日の休みをとったら、ランチに行ったり、ゴルフの打ちっぱなしに行ったり好きなことを楽しませてもらっています。そしてまた次の日から在宅ワークを頑張るのです。
在宅ワークをするうえでダラダラと家で仕事をしているようでは絶対に長続きできませんし、仕事が納期に間に合わないと思います。在宅ワークで成功するためには、メリハリをつけることが本当に大切なことだと身をもって今経験しています。家でできる仕事だけど外で働いているのと同じ、そう思ってメリハリをつけて仕事をすることが一番大切なことではないでしょうか。

在宅ワークと主婦について

在宅ワークと主婦について紹介したいと思いますが、在宅ワークをしている人の中に主婦の人が圧倒的に多いといわれています。なぜ在宅ワークをしている人で主婦が多いのかというとやはり、主婦にもよりますが子供が小さいうちはなかなか外に働きに出れないからではないでしょうか。在宅ワークなら子供が小さくても、家で子供の面倒を見ながら誰にも迷惑をかけることなく在宅ワークをすることができますから外の働きに出れない人にとってはとてもいい条件で仕事をすることができると思います。また主婦の中には、在宅ワークをしながらお年寄りの介護をしているという人もいるのではないでしょうか。お年寄りを抱えていると何があるかわかりませんから外で働きに出ることが難しくなりますよね。
そんなときに自分の都合で自分のペースで働くことができる在宅ワークというのは主婦にとってはとても好条件の仕事だと思います。しかし主婦が考える在宅ワークというのは子供がいても手軽にできるというものだと思っている人も多いと思うのですが、実際には子供がいると在宅ワークは本当に大変だと思います。子供がいると子供の面倒を見るだけでも大変だったというのに、それに加えてクライアントから信頼をもらわなければいけない納期のある在宅ワークを抱えるというのは本当に大変なことです。在宅ワークは子供のそばでできるからといって始める人は少し覚悟をしておいた方がいいかもしれませんね。
子供がいることによって在宅ワークがなかなか進まないということもありますし、子どもというのはいつぐずり出すか予測ができません。そんなときでも在宅ワークの納期は待ってはくれませんから在宅ワークを家でしながら子供の面倒をみるというのは相当な覚悟がいるのです。子供を優先して在宅ワークを後回しにすれば、それだけ在宅ワークの報酬は少なくなりますし、逆の在宅ワークを優先させれば子供との時間が無くなり何のために家にいてできる仕事を選んだのかわからなくなるという人もいるでしょう。在宅ワークをするときには主婦の皆さんは家事や子育てもありますから、両立をさせるということはかなり大変だということをある程度頭に入れておくことがとても大切なことだと思います。これから在宅ワークを始めようと思っている主婦の人は子育て、家事との両立の時間が持てるのかどうかも考えたうえで在宅ワークを始めるようにしなければ思っていたのと違ったということになって長続きできないと思います。

在宅ワークと仲間のメリット、デメリット

在宅ワークは一人でするものだと思っている人も多いかもしれませんが実際にはグループで在宅ワークをしている人も結構多いと思います。在宅ワークで仲間を作ることのメリットは色々とあります。たとえば今までは在宅ワークを一人でこなしてきて、クライアントとの信頼関係もしっかりできていた人がいたとします。それでもやはり一人で在宅ワークをこなすには、限界の数があると思います。しかし在宅ワーク仲間を作ることで今まで受けていた発注よりもさらに多い数を受けることが可能になります。在宅ワークで仲間を作ればそれだけ発注数も増やすことができますし、大型の案件も受けられるようになってメリットは増えると思います。
その分仕事量が増えたりすることもあるかもしれませんがそれだけ報酬もアップしますし、在宅ワークの仲間を作ることのメリットはとても大きいと思いますね。在宅ワークのグループを仕切っているリーダーになれば、管理もすることになり少し管理費用をもらっているという人もいるようです。仕事量は変わらず、管理費が入ってクライアントとの信頼関係もさらに強くなることから、在宅ワークで仲間を作ることはいいことだと思います。それだけでなく在宅ワークで仲間ができるということは相談なども気軽にできると思います。近くに住んでいる必要もありませんし、パソコンを使った在宅ワークにおいてはメールがあるのでメールでのやり取りで十分コミュニケーションを図ることは可能です。
在宅ワークで仲間を作って仕事をすることのメリットを今紹介してきましたが、反対に在宅ワークで仲間を作ることのデメリットは何があるのか紹介したいと思います。仲間と自分が同じくらいのレベルならいいのですが、在宅ワークをするうえでスキルのレベルが違うとそれなりに大変だと思います。また仲間ができたということは仲間に何かあったときには助け合っていかないといけないということも出てくると思います。逆に、自分が在宅ワークで作業ができなくなったときに助けてもらえるというメリットもありますが助けなければならないデメリットも出てくるのです。その点が在宅ワークで仲間を作るということのデメリットになるのではないでしょうか。在宅ワークを仲間を作ってする場合にはリーダーをきちんと決めて仕事の振り分けなどもきちんとしておいた方がいいですね。そうしなければ、仕事がもらえないとか仕事の取り合い、報酬の身ばらないなどいろいろとトラブルが出てくるかもしれません

在宅ワークと休日の過し方

在宅ワークをしている人は作業時間も自由に選ぶことができますが、それと同時に休日も自由に選ぶことができます。しかし言い換えてみれば在宅ワークは作業時間が厳しい場合には休日でも返上してでも作業をしなければならない状況にあるということです。在宅ワークをやっているとなかなか仕事の休みを作るということは難しくなってしまいます。私も在宅ワークをして1年以上がたちましたが休日については、基本的には日曜日だけと決めていますが、仕事の依頼によっては日曜日でも作業をしていることがあります。在宅ワークは自分のペースで仕事ができますが休日が無くなってしまうこともよくあるのです。
家族が休みである日曜日以外は毎日在宅ワークをやっていますが、こどもの行事があったりして、在宅ワークができないという日があります。そんな日は全く休みにするのではなくて普段作業しているのが昼間だけで夜には作業はしていないとしたら、夜にその日は作業時間を振り替えて在宅ワークをやっています。毎日過ごしていたら突然明日来客があるという日もあると思います。そんな日はその日を突然の休日にしなければいけないわけですから、その前の日やあとの日に在宅ワークの作業を振り分けて多めの作業したりしてカバーしています。
在宅の休日は本当にこうして考えてみると自分次第なのです。長期のゴールデンウィークやお盆休み、年末年始においては、家族も休みですから自分も当然在宅ワークをやっていられない状況にあります。そんな時期にはあらかじめ分かっていますからその前後に、いつもの倍の数、休日を取ってしまった分のカバーをしなければいけないので必死になるわけです。
在宅ワークのクライアントによっては長期の休みの場合には発注をストップしてくれるところもありますから相談をしてみてもいいかもしれませんね。その際は、プライベートなことで仕事を休みたいというのではなくて、ビジネス的に考えて在宅ワークの休日申請をするのがいいと思います。家族旅行に行きますから休みをもらいますというのではなくて、お盆休みをいただきますといった感じで抽象的でいいのではないでしょうか。在宅ワークをしていると休日を取ることが難しいこともありますが、余裕をもって在宅ワークをしている人は、休日が取りやすいと思います。特に小さい子供さんを抱えている人の場合には突然休日を取らなくてはいけない状況になることもあると思いますから、在宅ワークの受注を余裕を持たせるといいと思います。

在宅ワークは体調管理に気をつける

在宅ワークをするうえで体調管理というのはとても大切なことです。在宅ワークをするにあたっては心構えとして、体調管理はきちんとしておきましょう。在宅ワークは自分の家で自分の都合で仕事ができるというメリットがありますが、簡単に誰でもできるということはありませんから、夫に代わりを突然頼むこともできません。
在宅ワークの仕事を引き受けたら、納期を守る責任がありますし、内容もそれなりに質のいいものを納品しなければいけません。この納期と体調管理が在宅ワークをするうえでいちばんたいへんな点なのです。たとえば熱があるから仕事を休みたいというときでも、納期が間に合うのであれば休むことが可能ですが、納期が間に合わないようであれば、熱があっても仕事をしなければいけません。また子供が何かトラブルを起こしてなかなか仕事ができなかったという場合でも、納期に間に合えば全く問題はありませんが、納期に間に合わない場合にはそんなことは関係なく仕事をしなければいけないのです。パソコンが壊れてしまっても同じことです。自分が引き受けた仕事は自分で何とか納品するまで作業をしなければいけません。意外と厳しいと思われる人もいますが、在宅ワークはそれだけ厳しい仕事なのです。
在宅ワークの中で納期はとても大切なことで、一度も今まで納期を遅れたこともなくて、信頼されていたクライアントとの仲でも一度納期を遅れてしまうと、クライアントとの信頼関係は崩れるのではないでしょうか。
しかし在宅ワークをしているからと言って体調を崩すなとはいえません。体調が崩れてしまったときにはすぐにクライアントに行って指示を待つという迅速な対応が必要です。小さい子供がいるという場合にはあらかじめいることをクライアントに一言言っておくといいかもしれませんが、何度もしょっちゅう、子供のせいにして仕事を遅らせるというのはよくありません。
在宅ワークをするにあたっては、体調管理がとても大切ですし、自分で納期に余裕を持つような作業の仕方を考えるということも大切なことです。在宅ワークをこれからする人は体調管理には必ず気をつけるようにすることと家族の予定や自分の納期に責任をもって間に合うようにすることが大切です。在宅ワークにはメリットがたくさんありますが、デメリットもたくさんあるので、しごとを始めた後は体調管理に十分注意をして作業を始めることが在宅ワークをはじめるにあたって大切なことです。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。